就活

就活でよく聞く成長環境とは何なのか。あなたにあった成長環境がある企業の見つけ方を徹底解説

就活をしていると「成長環境」という言葉を一度は聞いたことがあるかと思います。

学生の志望動機にも「成長環境」が入っていることは多いです。
また、企業側が自社をアピールする際にも「成長環境」を推してくることも増えました。

就活生にとって「成長したい」というポジティブな思いを込めて求める「成長環境」について今回は具体的に考えていきます。

自分にとっての「成長環境」を探す方法が知りたい方は最後までご覧いただけると幸いです。

成長できる環境とは

早速ですが成長できる環境とは一体どのような環境なのでしょうか。

「裁量権のある環境」
「若手が積極的に抜擢されている環境」
「スキルが身につく環境」

など就活をしていて聞くことが多いのはこんなところです。
ですが、成長環境は人によって異なります。何故なら人によってどんな人になりたいのか、どんな生活をしたいのかなどの目指す方向性がそもそも異なるからです。

そのためこの記事を読むにあたってまずは成長環境が人によって異なるということを理解しておきましょう。

就活を早期に始めることのメリットとその理由を徹底解説!早期に動いて就活を制しましょう。 経団連による就活ルールの撤廃があったように就活の早期化が年々進んでいます。しかし周りの友達を見るとまだ動いてないし、まだ就活を始める必...

あなたにとっての成長とは一体何?

まず初めに”あなたにとっての成長”とは一体何なのでしょう。

成長環境を求めるのであれば、自分にとって何が成長なのかは人に伝えられるようにしておきましょう。

旅行でもなんでもそうですが、ゴールがどこなのかが決まらないことには計画を立てることはできません。(キャリアにおけるゴールは経験と共に変化するものなので今考えるゴールでかまいません。)

成長環境を探す第一歩として自分に向き合ってみましょう。



成長できる環境は人によって違う

先ほども伝えた通り成長環境とは人によって異なります。
親しい先輩や他の人が成長できた会社が自分にとってもそうだとは限らないのです。

何故なら前に紹介した何が成長なのかが人によって異なるという点に加えて人それぞれ性格や大切にすることが異なるからです。

ガツガツした雰囲気が好きな人もいれば落ち着いた雰囲気が好きな人もいます。
また、何かを極める人がモチベーションになる人もいれば新しい情報に触れ続けられることがモチベーションな人もいます。

このように人によって性格や大切にすることが違うため成長環境は人それぞれなのです。

自分がまずはどんな人間なのかを理解するためにはストレングスファインダーという本を利用するのがおすすめです。
177個の質問回答を元に34の資質からあなたに合ったものを引き出してくれます。

様々な性格診断テストがありますが、このストレングスファインダーの結果が個人的には最も納得感がありました。また5つの資質についても詳細に分析してくれるので非常におすすめです。

累計100万部突破!欠点さえ強みになる!ウェブテストであなたの強みを見える化しよう!

具体的にどんな成長の方向性があるのか

成長環境を探すためにも”あなたにとっての成長”を考えてみましょうとお伝えしましたが、実際どんな方向性があるのか。

一般的にカテゴライズされることの多い3つの方を悩めるあなたのために紹介します。

この3つに全員が該当するわけではなくあくまでも例なので読み飛ばしていただいてもかまいません。

【経験談】ITパスポートに独学で合格するまでに必要な勉強時間と初心者におすすめな勉強方法を解説 ITパスポートは、ITに関する基礎的な知識を有していることを証明できる国家資格です。合格率も50%程度と比較的難易度の低い資格と言われ...

チームを引っ張るリーダー型

「将来起業したい」
「事業を引っ張っていく事業部長になる」
こんな目標を掲げる方はリーダー型に近いです。

リーダー型の就活生にとっては自分が理想とする会社を作っている経営者がいる企業や自分が実際にやりたい事業を営んでいる企業が成長環境に該当するでしょう。

このタイプの就活生は自分の理想を体現している会社であれば企業の規模やフェーズはあまり気にする必要はありません。

また、今の自分にはどのようなことが足りていないのか(営業力、リーダーシップ、経営への理解等)を理解しておくと自分にとっての成長環境を選ぶことができるでしょう。

なんでもできるゼネラリスト型

「まだ明確にやりたいことはないから色々経験したい」
「幅広い知識を身につけたい」
こんな目標を掲げる方はゼネラリスト型に近いです。

ゼネラリスト型就活生にとっては様々な職種を経験できる会社が成長環境に該当するでしょう。
ゼネラリスト型の就活生は様々な職種を経験できるという点に加えて自分の性格についても理解しておく必要があります。

例えば大手企業のジョブローテーション制度を利用するのと少数のベンチャー企業で複数の役割をこなすのとでは様々な職種を経験できるという点では一緒ですが環境が大きく異なります。

スピード感を持って追い込まれると成長するタイプなのか、教育を受けながらコツコツ積み重ねた方が成長するタイプなのか、自分の性格を理解しておくことで成長環境を選ぶことができるでしょう。

一つの分野に強いスペシャリスト型

「手に職つけたい」
「一つの分野をとにかく極めたい」
こんな目標を掲げる方はスペシャリスト型に近いです。

スペシャリスト型の就活生は自分が極めたい職種に強くて職種別採用を行っている会社が成長環境に該当するでしょう。

新卒採用では総合職で採用されて後から配属が決まることがあります。(いわゆる配属ガチャです。)
いくら知名度があってもスペシャリスト型の就活生にとって配属ガチャの会社は避けなければいけません。

自分が極めたいと思うことができるのか、その分野に強い会社なのかを重視することで成長環境を選ぶことができるでしょう。

こちらのタイプについても自分の性格を理解しどのようなカルチャーの会社であれば伸び伸び働けるのかも考えた上で会社選びをするようにしましょう。

【大手志望】就活で大手に受かる人の共通点や特徴を解説します。あなたも大手に受かる人になりましょう!! こんにちは。今回は就活で大手企業に受かる人の共通点や特徴を紹介します。実際に大手企業複数社から内定をもらった筆者が友人と大手に合格する...

やりがいだけで選ばないように注意

ここまで成長環境について紹介してきましたが。
最後に一つ伝えたいことがあります。人が働く上で大切なことは「心身共に健康であること」です。

いくら成長環境であっても体を壊しては働くことはできません。
会社を選ぶ上で企業の根本的な考え方や給与、福利厚生を無視してしまうことは危険です。

改めて自分はどんな性格なのか、何が目標なのかを整理した上で心身共に健康に働ける会社を定量的な視点と定性な視点から多角的に見てみるようにしましょう。



あなたにあった成長環境を見つけよう

最後に繰り返しますが、人によって成長環境は異なります。

  1. ”自分にとっての成長”とは何なのか
  2. 自分はどのような性格なのか(どんな環境が居心地が良いのか)
  3. 福利厚生や給与などに向き合う

これらの要素を多角的にみた上であなたにあった成長環境を探すようにしましょう。

今後の人生を左右する大きな選択で後悔なない判断ができることを心から応援しています。

成長市場とは?調べ方はやメリットを徹底解説!!就活生の疑問を解決 こんにちは。就活をしていて成長市場という言葉を聞いたことはありませんか?僕も就活をしていて何度も成長市場という言葉を耳にしたのですが、...